2週間で完治

 restore to health

クラミジアや淋病は性病の中でも群を抜いて感染者数が多いです。どちらも感染経路は粘膜接触です。クラミジアや淋病など、多くの性病は乾燥に弱いので、粘膜接触を気につけていれば性病に感染してしまうリスクは減ります。しかし、粘膜接触というのは性器同士の接触だけではありません。粘膜なので口やアナルでも感染をします。つまりディープキスやフェラチオでも性病に感染をしてしまうんです。セックスをする時にコンドームを付ける人は居るでしょうが、フェラチオの時にもコンドームを付ける人はあまり居ないですよね。アナルセックスというプレイがありますが、これはとても危険です。アナルは傷付きやすく、血液での感染も考えられます。膣よりもアナルのほうがコンドームが破れる危険性も増すので気をつけましょう。
クラミジアや淋病は自覚症状が出にくいというのも感染者数が多い原因でしょう。感染に気付かずに色んな人とセックスを続けてしまい、いざ発覚した頃には相当数の人を感染させていたというのはざらです。
クラミジアや淋病を病院に行かずに自分で治そうと考えているのであればクラビットがオススメです。クラビットは性病の治療薬で、クラミジアや淋病の治療に高い効果を発揮してくれます。利用者からの評判も良く、通販で手軽に手に入れることも出来るので人気です。クラビットの効果は折り紙つきで、クラビットの服用をしていけば早ければ1週間で完治させることが出来ます。だいたい2週間ほどあればクラビットで完治は出来るはずです。もしもクラビットで治りそうにない場合は病院で検査を受けたほうがいいでしょう。違う性病に感染しているのかもしれません。